エクステリア

query_builder 2022/05/21
外観
エクステリア

自然を暮らしに取り込むこと、なかでも草木等の緑とのかかわりは、四季を通じて五感を刺激し、日々の生活に潤いと活力を与えてくれます。年をとってからこそ緑を身近に楽しみたいものです。


庭木や草花は日常的な世話を必要とします。からだに負担となる、たとえば腰を曲げる作業などを減らして、日々の水やりなども楽にできるように工夫しましょう。具体的には、まず、水やりの距離と作業性を考えて水栓の位置を決めます。ガーデンシンク(流し台)にすると、しゃがまずに楽に作業できます。また、園芸道具や肥料等を入れる物置を近くに設置しましょう。さらに、植替えや道具の手入れの作業スペースを設け、雨風や日射をさえぎるように屋根をかけると快適です。


ところで、鉢植え(盆栽なども含む)は、地植えに比べて、手軽に緑を楽しめます。鉢を台の上に置けば屈まなくても手入れができますし、縁側やデッキ等で腰掛けて作業することも可能です。ただし、鉢植えの水やりは頻繁に行わなければならないので、置き場所は日常目に付き、水やり等が楽な管理しやすい場所を選びましょう。さらに、避寒・避夏等のために、季節ごとに置き場所を変える必要があるものも多いので、半戸外や室内に鉢物を置けるスペースをつくり、緑をより一層楽しんでほしいものです。

NEW

  • 古き良き家

    query_builder 2022/12/08
  • 健康省エネ住宅の価格

    query_builder 2022/12/07
  • 床座が落ち着く

    query_builder 2022/12/07
  • ランドスケープ

    query_builder 2022/12/06
  • 景観法

    query_builder 2022/12/05

CATEGORY

ARCHIVE