設計>設計施工【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/01/08
設計
設計施工

無垢材をふんだんにつかった「木の家」きっと木のぬくもりや、家の中に流れる心地良い空気を感じることができることでしょう。外観はシンプルでありながらデザイン性に優れ、室内には開放的な空間が広がっています。木とともに使われている自然素材が部屋全体をやさしい風合いに包み込んでくれます。これからの家は、どれも国産材、それも近所の山の木を使って家づくりを考える。


これから木の家を建てたいあなたに、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。それでは、まず家のつくり手を選ぶときのポイントから始めます。住宅を提供する立場にある人や業種としては、大工さんをはじめ、ハウスメーカーやハウスビルダーといわれる業者のほか、工務店もあれば、建築家もいます。いずれのつくり手を選ぶにしても、家を建てるということは、「設計」して「施工」する仕事を依頼するのだと認識してください。「そんなこといわれなくてもわかっている!」と言われそうですが、実は家を建てるときに一番大切なのは、設計者、実際に施工に関わる職人さん、そして工事を管理する現場監督、この三役の力量とバランスなのです。


昔の家づくりは地域の大工さんの仕事でした。でも住宅のスタイルが多様化した今、大工さんは職人さんとして活躍するものの、設計の専門家ではなく、デザイン性に富んだ設計は望めません。一方、建築家は個性的なデザインの家を設計してくれますが、施工は職人さんや工務店に依頼するしかありません。


ハウスメーカー(ハウスビルダー)はどうでしょう。モデルハウスが並ぶ総合展示場を訪れれば、笑顔の営業マンが出迎えてくれ、とてもていねいに説明してくれます。でも5社のモデルハウスを見学したとすると、3軒目くらいから、どこがどんなデザインでどんな特徴があったのか、違いがわからなくなってしまうのではないでしょうか。外観はそれぞれ特徴的で印象に残ったとしても、中に入ればどれも同じよう。「カタログから抜け出してきたような家」で満足する人であれば良いですが、自然素材の温かみが感じられる家はつくってもらえません。


そして、次の選択肢が「設計施工型の、地域に根ざした建築会社」です。あなたは「建築会社が家を建てるのか?」リフォームやハウスメーカーの下請けをするのが建築会社だろうと思っていたのではないですか?確かに、リフォームを専門とした建築会社もあります。でも設計施工型の建築会社は、いうなれば「自立した建築会社」つまり自社で企画から設計・施工・アフターまで外注や下請けなどせず、一貫した流れで顧客対応できる建築会社です。こうした建築会社の中には、スタッフが日々研鑽を積み、優れた設計技術、施工技術を提供しているところがあります。


あなたが無垢の木を使った「木の家」を建てたいと考えるなら、そんな建築会社の中から「木の家」をつくり続けているところに相談してみてください。木の家に特化した建築会社であれば、多くの施工実績から専門的なノウハウを蓄積していますから、きっとあなたの望む家づくりのパートナーとなることでしょう。

NEW

  • 設計>家具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/09
  • 価値観>資産価値の高い家【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/08
  • 自然素材>建具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/06
  • 福島に行ってみよう!

    query_builder 2021/03/06
  • 自然素材>土【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/05

CATEGORY

ARCHIVE