設計>タイル割り【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/01/22
設計
タイル割り

たかがタイル割り、されどタイル割り。物をつくる人間として美意識をもつのであれば、タイル割りも疎かにはしたくありません。タイルの形状、そして大きさにもよりますが、それぞれの特性のなかで考えていくことになります。


単に割り付けといっても、その割り付け方には二つの考え方があり、寸法上の割り付けと、意味としての割り付けになります。どこを基準に設定し、振り分けていくか、その基準の根拠がしっかりしていると、不思議なことに端部に半端が入っていても説得力があります。また、サイズが小さいタイルの場合は寸法上の割り付けよりも、その割り付けとした意味に根拠があることが大切になってきます。タイル割りが無造作に行なわれていても、実質的なところで暮らしに影響を与えることはありません。


ただ、タイル割りが思考のなかで組み立てられ、その結果として理にかなった割り付けになっているときは、意識としてそのことを認識しなくても、ある種の安定感がそこ場に現れてくるものです。タイル割りのテクニックはあるにしても、それ以上に根拠と意味をしっかり押さえていけば、おのずとそのタイル割りは自然体に見えてくるものです。

NEW

  • 設計>家具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/09
  • 価値観>資産価値の高い家【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/08
  • 自然素材>建具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/06
  • 福島に行ってみよう!

    query_builder 2021/03/06
  • 自然素材>土【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/05

CATEGORY

ARCHIVE