設計>小屋裏空間【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/05/13
設計
小屋裏空間

切妻なり、片流れなり、傾斜している屋根があって初めて小屋裏が発生します。雨が多い地域に建つ建物は必然的に傾斜屋根をもつものでしたが、防水工事の発達により、最近どうも事情が変わりつつあります。街を歩いているとフラット屋根の木造住宅を見かけることが増えてきており、その箱型住宅では、つくりたくても楽しい小屋裏空間はつくれません。


構造形式にもよりますが、木造でつくる場合は、どんな形状にせよ勾配のある屋根にしたい。これは防水の技術的な問題とは別に、屋根の勾配が室内の天井にそのまま表現でき、最上階の屋根の容積を大きく取ることもできる。また、屋根形状が表現される勾配天井は、造形的な安心感があり、有形無形のメリットを最大限にいかす空間が屋根裏部屋だともいえます。


このようにしてできる屋根裏部屋は、傾斜天井の高さが低く抑えられるため、人間の感覚や動きに適合した空間となり、床に座ることで心が落ち着く。こう考えていくと、床に畳を敷き部屋の重心をさらに下げ、屋根裏部屋のもつメリットを十二分に発揮してみるのもよいかもしれません。

NEW

  • エコ>地中熱利用【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/21
  • 設計>豊かな窓【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/18
  • 設計>天井のあな【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/17
  • メディア掲載・9月21日発売『住む。秋号』

    query_builder 2021/09/16
  • 設計>自然の力【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE