設計>天井のあな【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/09/17
設計
天所のあな

本来であれば塞がれているところが開いている。頭上に空を見ることができる。自動車のサンルーフなどはまさにそれで、四方があれだけ開放されているにもかかわらず、なんだか気持ちがウキウキしてしまうのは、天窓にそんな作用を促す力があるからだと思っています。一言で天窓といってもさまざまで、天窓のもっている効果をどのように引き出すかはケースバイケース、その置かれている状況で違ってきます。


実用に迫られてつくる天窓、その場の雰囲気を演出するための天窓。実は実用でありながらその実用性を見せないでつくる天窓。天窓をつくるときには、常にその天窓のもつ意味を考えながら設計していくことになります。


しかし天窓は、本来、屋根であるべきところに穴を開けている。つまり、自然の影響をそのまま受けるところになります。雨仕舞は別として、雨音、陽射し、外気温など、暮らしに影響を及ぼす要因をいくつかもっています。天窓がつけられる場所の使われ方によっては、何らかの障害をつくることにもなりかねません。そのことにも注意を払いながら、必要な場所に必要に応じてつけられた天窓が、暮らしを豊かにしてくれることは確かです。

NEW

  • エコ>森林伐採【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/27
  • 価値観>火【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/26
  • エコ>あったかい【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/25
  • エコ>薪ストーブ【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/24
  • 健康の話>体感温度【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/22

CATEGORY

ARCHIVE