照明計画

query_builder 2022/08/31
設計
照明計画

照明の位置を決めるときに、どんな業者でも照明の配線図はつくるでしょうが〝その部屋のどこにどういった照明をつけようか〟〝どの高さにスイッチを付けようか〟ということを深く考える業者はあまりいないのです。

私が住宅会社の新人(現場監督見習い)の頃、先輩が設計をした家を見学に行くと建て主より指摘がありました。それは、玄関の天井の真ん中に照明を付けているのですが、天井近くまで大きな玄関収納を付けたので実際には真ん中になっていないというものでした。確かに天井近くまである大きな玄関収納のおかげで、天井の照明は中央に付いていないように見えるのです。

私が照明計画・照明デザインを重要視するようになったのは、これがきっかけです。以後さまざまな業者の電気配線図を見てきましたが、ほとんどどこも深く考えていません。大体はすべて部屋の中心に一つ、スイッチはこの壁のこのあたりという感じで、いつもどおりというか標準どおりといったような感じです。

話が逸れましたが、玄関収納を取付ける場合、玄関収納の前面から相対する壁との中央に照明を付けるようにしたいものです。それを業者に言っておかないと、前途のようになってしまいます。後で自分で付け替えるのもなかなか難しいものです。また、図面どおりに配線されているので、文句も言いにくいもの。

〝強く言って付け替えさせる〟という人もいるでしょうが、こういう〝深く考えることができない〟業者の場合、あらゆる面で配慮が足りませんから、いたる箇所でこのようなことが起こります。そのたびに怒っていては、いくら強い人でも精神的に心が折れます。また裁判をしても、図面どおりにはできているので負けます。こういうことにならないよう、ぜひ〝深く設計する業者〟を選びましょう。また建て主も建築関連の本などでよく勉強して「深く考えることのできる建て主」になっていただきたいと思います。ちなみに、LED電球を先駆けてつくり続けている東芝LED電球のCMが素敵すぎます。


動画:aquarius13jp

NEW

  • 古き良き家

    query_builder 2022/12/08
  • 健康省エネ住宅の価格

    query_builder 2022/12/07
  • 床座が落ち着く

    query_builder 2022/12/07
  • ランドスケープ

    query_builder 2022/12/06
  • 景観法

    query_builder 2022/12/05

CATEGORY

ARCHIVE