吹抜の長所と短所

query_builder 2023/06/08
設計
吹抜の長所と短所

二世帯住宅で、上下階をつなぐ方法として吹抜け空間があります。吹抜け空間は伸びやかさや繋がりなど視感的効果を得られるほか、光や風を共有できるという体感的なメリットもあります。お互いの世帯の気配や安否が伝わったり、効果的に配置すれば、非常にドラマチックな空間をつくることができるので、雑誌などでもよくご覧になっていることでしょう。

しかしながら、吹抜けは、長所・短所をちゃんと理解したうえで設ける必要があります。

親世帯と子世帯の部屋の配置や上下間の音に関しては配慮をしても、案外見落としがちなのが〝テレビなどの生活音と台所などからの匂い〟です。下の階で、耳の遠くなった両親の見る大音量のテレビの音が吹抜け空間に鳴り響くということを創造したことがありますか?あるいは、どこからともなく漂ってくる美味しそうな香り。干渉を避けるために分離型にしたはずが、お互いの夕食の献立を匂いで知ってしまうという事態に。気を付けなければならないのは、光や風と同時に〝熱い空気・匂い・音〟も吹抜けてくることです。音や匂いは、図面段階ではなかなか想像しにくいポイントです。

NEW

  • 子ども部屋の変遷

    query_builder 2024/03/04
  • 金利と建築費の関係

    query_builder 2024/03/03
  • 夢を叶える住宅ローン

    query_builder 2024/03/02
  • 「NE-ST」で快適な家づくり

    query_builder 2024/03/02
  • 縁側のある暮らし

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE