サッシ

query_builder 2023/11/29
エコ
サッシ

冬の窓から見える景色は、美しさと寒さのコントラストが鮮やかです。雪に覆われた白い世界や、青空に映える氷の結晶など、息をのむような光景が広がっています。でも、その美しさとは裏腹に、家の中は寒くて震えてしまうこともあります。それは、窓から熱が逃げてしまうからなのです。窓は、室内の熱の半分以上を外に出してしまうのです。窓の断熱性能を高めると、家の中の熱を逃さないようにできます。夏も同じで、窓から外の熱が入ってきて、家の中が暑くなってしまいます。窓の断熱性能を高めると、外の熱を入れないようにできます。窓の断熱性能を高めると、冬も夏も快適に過ごせるだけでなく、エネルギーの節約にもなります。エネルギーの節約は、地球にも優しいことです。窓から見える美しい景色を、これからもずっと楽しめるように、窓の断熱性能について考えてみませんか。

窓の断熱性能を高めるには、いろいろな方法がありますが、今回は、最も効果的な組み合わせをご紹介します。それは、外も内側も樹脂製の枠にし、高性能なガラスを施す方法です。樹脂製の枠は、アルミよりも断熱性が高く、結露もしにくいです。高性能なガラスは、特殊なコーティングと3枚重ねの構造で、熱の出入りを抑えます。ガラスの間には、断熱性の高いガスが入っています。この組み合わせは、窓の断熱性能を最大限に引き出します。冬は家の中の熱を逃がさず、夏は外の熱を遮ります。結露の心配も抑えられます。


動画:LIXIL


玄関のドアは、家の顔です。玄関のドアには、いろいろな素材やデザインがありますが、今回は、木製玄関ドアについてお話しします。木製玄関ドアの魅力は、木の持つ優しい風合いです。アルミ製のドアは、かっこいいですが、木製のドアは、温かくてやさしいです。木製のドアは、年月とともに味が出ます。木製玄関ドアは、お部屋の雰囲気に合わせて、色や形を選ぶことができます。木の種類によっても、質感や色合いが違います。例えば、桧は軽くて柔らかい木で、淡い色と独特の香りがあります。桧の玄関ドアは、和風の家に合います。一方、ウォールナットは重くて硬い木で、濃い茶色と美しい木目があります。ウォールナットの玄関ドアは、洋風の家に合います。木製玄関ドアは、木の持つ自然な魅力を活かしたものです。

木製玄関ドアと一緒に、木製サッシもいかがでしょうか。「木製サッシを使いたい」という方は多いと思います。リビングの床や壁と合わせて、お部屋に温かみをもたせる木製サッシ。木の質感を楽しめるのも木製サッシの特長です。でも、木製サッシは、高価で、なかなか手が出ないという方もいると思います。そこで、おすすめなのが、「一部だけ木製サッシにする」という方法です。例えば、2階の寝室の小さな窓だけでも、木製サッシにすると、お部屋の雰囲気が変わります。木の枠のまわった窓からの眺めは、心に残るものになるでしょう。

木製玄関ドアと木製サッシは、木の持つ温かみと風合いをお部屋に取り入れることができるものです。木は、自然の恵みであり、私たちの暮らしに寄り添ってくれる素材です。木製玄関ドアと木製サッシを採用することで、木とのつながりを感じることができます。木とのつながりは、心にも安らぎをもたらすかもしれません。新しい家づくりを考えている方に、木製玄関ドアと木製サッシをおすすめします。木のある暮らしは、きっと幸せなものになるでしょう。


関連サイト:ユダ木工加茂サッシ

NEW

  • 快適に眠る。

    query_builder 2024/06/21
  • 地域の力。

    query_builder 2024/06/20
  • 住む。

    query_builder 2024/06/19
  • 杉の家。

    query_builder 2024/06/19
  • カーテンとブラインドの選び方。

    query_builder 2024/06/18

CATEGORY

ARCHIVE