健康の話>有毒ガス【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/09/09
健康の話
有毒ガス

火災で恐いのは、燃え盛る炎による焼死より、有毒ガスの発生による中毒死です。もし、火災により発生する一酸化炭素の濃度が10%になれば、人間は一呼吸しただけで死んでしまいます。木の家自体は、燃えても多量の一酸化炭素を発生することはありませんが、家の中にあるカーテン・ビニールクロス・新建材などが燃えれば中毒死の危険性が高まります。ですので、仕上げに使われる建築材料の選定には慎重になります。このような意味合いから自然素材を多用することで、火災時に有毒ガスに包まれる心配も軽減でき避難が容易にできるわけです。


ちなみに、火災の原因第一位は放火です。2位がコンロ、3位がタバコ、4位が放火の疑い。キッチンと寝室(寝タバコ)に注意しておけば、ほとんどの火災は防げそうです。

NEW

  • エコ>森林伐採【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/27
  • 価値観>火【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/26
  • エコ>あったかい【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/25
  • エコ>薪ストーブ【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/24
  • 健康の話>体感温度【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/11/22

CATEGORY

ARCHIVE