健康の話>体感温度【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/11/22
健康の話
体感温度

上下温度差が自律神経失調症の原因に──。


断熱・気密が不十分な住宅においては、空間上下で温度差が生じています。暖房で空気を暖めても天井付近にたまり、床付近は冷たいままです。さらに温度差があるということは下降気流、すなわち風も生まれますのでより寒さをくるぶしが感じます。そんな冬の不快な状況を「足元がスースーする」という表現で表すのがぴったりです。


一方で高断熱・高気密の家は、魔法瓶のように家全体を保温するので上下温度差が小さくなります。性能が良い家ほど上下温度差が少なくなります。体感の調査をした結果、(暑くも寒くも思わない)中立温度が、最も低いのがおでこの22℃、足元の26℃であったということです。体感では上下で4度の開きがありました。


そうなると大事になってくるのが暖房の方式です。理想的には床暖房のように、足元の一番温度が高くなる方式が望まれます。エアコンのように、上から温風でおこなう暖房は「足元は寒いが、顔は暑くて火照る」暑さと寒さが同居する状態で、体がどこに合わせて体温調整していいのか分からなくなります。上下温度差による体感の悪さと、それによるストレスは「自律神経失調症」を引き起こしかねません。



自律神経は、体の状態を一定に保とうとする神経ですが、それが狂うと体全般に不調な症状が出てきます。足腰の冷え、肩こり、いらいら、不眠、生理不順などなどが生じます。特に女性に多い症状なのは、女性の方が男性よりも2℃寒さに弱いことが原因です。専業主婦ともなると在宅時間が長くなるので、上下温度差を解消してあげることが何よりです。


ISO規格では、許容出来る上下温度差は3℃以内とされていますので、その範囲で納めたいものです。血圧も高くなりやすくなるので、心臓・脳の血管障害も誘発しやすく、高齢者にとっても好ましくありません。


古くからの格言である「頭寒足熱・ずかんそくねつ」が理想だということです。それを住環境において実現するには、高断熱・高気密快適な暖房方式の採用、この2つが大事だということが分かります。

NEW

  • エコ>小さな畑【茨城・注文住宅】

    query_builder 2022/01/28
  • 水まわり>使いやすいキッチン【茨城・注文住宅】

    query_builder 2022/01/27
  • 水まわり>日本のお湯【茨城・注文住宅】

    query_builder 2022/01/26
  • 設計>造り付けソファ【茨城・注文住宅】

    query_builder 2022/01/25
  • エコ>樹脂サッシ【茨城・注文住宅】

    query_builder 2022/01/24

CATEGORY

ARCHIVE