自然素材>コルクの床【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/01/21
自然素材
コルクの床

現在、日本で建てられている住宅の洋室の多くは、フローリング(合板フロア)が使われています。一番の理由は「安い」からです。他のすべての床材に比べて、圧倒的に安いため、フローリングが使われているのです。多くの建て主はそのことを知らず「ダニがつきにくい」とか「掃除がしやすい」と思っています。もちろんそういう利点はありますが、他の建材でも同じ効用のものはいくらでもあります。例えば、無垢の木やコルク、あるいはクッションフロアです。フローリングは安いのはいいのですが、一番の弱点は冬冷たくなることでしょう。フローリングの床にスリッパなしで立つとか、直に座ることは冷えが厳しくてできません。


日本人は、床に座るという習慣があるため、フローリングはもともと無理があるのです。座るのに適しているのは、ウールカーペット・畳・コルクなどになります。コルクは、地中海沿岸に生育している「コルク樫」という木の皮からつくられます。弾力に富み足が楽、薬品におかされにくく、熱を伝えない(断熱性が高い)という長所があります。


新築やリノベ・リフォームの打合せの際に「フローリングは冷たいので床暖房をつけて」という要望が多々あります。しかし床暖房を全室に施工することは大変高くつくし、温めるためのエネルギーコストも膨大です。そこで、建物の気密・断熱をしっかり施し、南側に大きな窓を配置し、太陽の温かい日差しを取り込む、そして、足元をやさしく包み込むコルクを貼ることをおすすめしています。床材としては少し割高ですが、床暖房に比べれば施工費も安くランニングコストもかかりません。


改めてよく考えてみると、家の中で一番触れているのは床材です。コルクを貼ることで床に対するストレスが軽減され、劇的に生活が快適になります。こういったことを深く考えると予算をかける部分として、床材の優先順位は上位に位置するものではないでしょうか──。

ちなみに、私どもがオススメしている天然オイル仕上のコルクタイルがござあます。ご興味がございましたら、以下サイトをご覧ください。東亜コルク

NEW

  • 設計>家具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/09
  • 価値観>資産価値の高い家【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/08
  • 自然素材>建具【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/06
  • 福島に行ってみよう!

    query_builder 2021/03/06
  • 自然素材>土【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/03/05

CATEGORY

ARCHIVE