自然素材>やさしい風合い【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/05/15
自然素材
やさしい風合い

障子は和のテイストを出すだけのものではありません。


洋の空間に障子があってもすてきなデザインになります。東京芸大の教授でもあった建築家:吉村順三先生は、洋間に障子を取り入れていました。日本に進出した外資系ホテルの室内にも障子を配したことからも、障子の魅力度の大きさがわかります。


そのやさしい風合いは和洋どちらにも通じるもので、桟のデザインや配置の仕方次第でどちらの雰囲気にもマッチし、それぞれの空間を柔らかい表情にする効果があります。デザイン面だけではなく障子の長所は、日照調整と視線調整ができ、かつ断熱性能にも優れているところ。実際にほんの0.数ミリの紙1枚あることが外気の影響を遮断し、障子は上下をぴったりと仕切っているので部屋側に外気の影響を与えず、風の流れをさえぎることもできるのです。

NEW

  • エコ>地中熱利用【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/21
  • 設計>豊かな窓【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/18
  • 設計>天井のあな【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/17
  • メディア掲載・9月21日発売『住む。秋号』

    query_builder 2021/09/16
  • 設計>自然の力【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE