自然素材>床の設え【茨城・注文住宅】

query_builder 2021/05/31
自然素材
床の設え

自然素材は使用する部位によって使い方が異なってきます。今回は、床材に関して簡単にそのポイントについてまとめてみました。


遮音の必要のない一般的な居室であれば、無垢の床材を採用するとよいでしょう。素材感、コスト、施工性などの面で最良の選択といえます。仕上げはウレタンではなく、天然オイルやワックスなどの自然な風合いにしたいもの。無垢の床材は、大きく広葉樹と針葉樹に分けられます。広葉樹は、乱尺幅狭寸法で節が少ないく、緻密な木目をもち堅く傷が付きにくいタイプ。針葉樹は、長尺幅広寸法で価格が安いものは節が多く木目も大らか、質感はやわらかいがその分キズもつきやすいタイプ。


土足の玄関など耐水性と耐久性が必要な場所には、石やタイルがよろしく。モルタルや三和土などの左官仕上も自然素材との相性は悪くありません。床に直接座ったり、寝転んだりする部屋であれば畳がよろしくコルクやウールカーペットなども柔らかく心和みます。キッチンや洗面・トイレなど水まわりには、石やタイルのほか、コルクやチークなど耐水性に優れた樹種がよいでしょう。

NEW

  • エコ>地中熱利用【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/21
  • 設計>豊かな窓【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/18
  • 設計>天井のあな【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/17
  • メディア掲載・9月21日発売『住む。秋号』

    query_builder 2021/09/16
  • 設計>自然の力【茨城・注文住宅】

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE