ウッドデッキ

query_builder 2023/12/12
自然素材
ウッドデッキ

デッキは、家の外にある床のようなものです。デッキでくつろいだり、友達を招いたり、バーベキューをしたりすることができます。デッキは、屋外にあるので、雨や風や日差しにさらされます。それに耐えられる木でなければ、すぐに傷んでしまいます。では、デッキにはどんな木がいいのでしょうか。

デッキに使える木はたくさんありますが、ここでは3種類の木を紹介します。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の好みや予算に合わせて選んでください。しかし、それだけではなく、それぞれの木には、感動するような物語や人との関わりがあります。それを知ると、デッキに対する愛着や感謝が深まるかもしれません。

:栗の木は、水に強くて丈夫な木です。昔から鉄道の枕木や橋の柱として使われてきました。栗の木は、素足で歩いてもトゲが刺さらないので、安全です。栗の木の色は、黒っぽい茶色で、シックな雰囲気を出します。栗の木は、日本の伝統的な建築にもよく使われています。例えば、京都の金閣寺や銀閣寺は、栗の木で作られています。栗の木は、日本の歴史や文化にも深く関わっているのです。栗の木のデッキは、そんな栗の木の物語を感じることができるでしょう。

ベイスギ(ウエスタンレッドシダー):ベイスギは、ヒノキ科の針葉樹で、海外から輸入される木です。ベイスギは、虫やカビが嫌う成分をたくさん含んでいるので、長持ちします。ベイスギの色は、赤みがかった茶色で、美しい木目があります。ベイスギは、高級感があって、おしゃれなデッキになります。ベイスギは、北米の西海岸に自生する木で、先住民の人々にとっては、神聖な木です。彼らは、ベイスギを使って、家や船や彫刻などを作りました。ベイスギは、彼らの生活や信仰にも大きな影響を与えました。ベイスギのデッキは、そんなベイスギの人との関わりを感じることができるでしょう。

唐松(からまつ):唐松は、日本の山に自生する針葉樹です。唐松は、炭鉱の柱や尾瀬の木道などに使われてきた歴史があります。唐松は、折れにくくて腐りにくい木です。唐松は、日本の気候にも合っているので、デッキにも適しています。唐松の色は、淡い黄色で、明るい印象を与えます。唐松は、日本の自然や風景にもよく合います。例えば、日本の有名な絵画の一つである「富嶽三十六景」の「赤富士」には、唐松が描かれています。唐松は、日本の美意識や芸術にも影響を与えました。唐松のデッキは、そんな唐松の美しさや魅力を感じることができるでしょう。

このように、デッキに最適な木の種類とその物語や人との関わりを3つご紹介しました。どの木も、デッキを快適に楽しむためには、定期的なメンテナンスが必要です。木の特徴を理解して、自分にぴったりの木を選んでください。デッキは、家の一部としても、庭の一部としても素敵な空間になります。木とともに、デッキライフを満喫しましょう。


関連サイト:森林・林業学習館

NEW

  • 家族の夢を叶えるマイホーム計画

    query_builder 2024/04/20
  • 火のある生活

    query_builder 2024/04/20
  • キッチンで奏でる生活の調和

    query_builder 2024/04/19
  • 冷蔵庫を囲む日常

    query_builder 2024/04/18
  • 料理上手はキッチン設計から

    query_builder 2024/04/17

CATEGORY

ARCHIVE