太陽光発電

query_builder 2023/06/12
お知らせ
image14866456456456

太陽光発電は、自然エネルギーの一種であり、太陽の光を電気に変換する環境に優しい方法です。しかし、太陽光発電だけでは、天候や時間帯によって発電量が変動し、電力供給が不安定になったり、電気代が高くなったりすることがあります。そこで、太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、安定した電力供給と低コストな運用を実現できるシステムをご紹介します。そのシステムとは、「マキシオンソーラー(6.0kw)と蓄電池アイビス7(14.08kwh)」です。この二つの特徴とメリットは次のとおりです。

まず、マキシオンソーラーは高性能な太陽光パネルです。一般的なパネルと比べて、発電量が20%も増えます。これは、パネル表面に特殊なコーティングを施して光の反射を防ぎ、パネル裏面にも太陽電池を配置して両面から光を吸収することで実現しています。このようにして、曇りや日没時でも効率的に発電できるようになっています。また、マキシオンソーラーはデザイン性と耐久性にも優れています。パネルは黒一色で統一されており、屋根に取り付けるとスタイリッシュな外観になります。さらに、パネルは耐熱性や耐食性に優れており、20年間の保証が付いています。これなら、長期的に安心して使えますね。

次に、蓄電池アイビス7は大容量なバッテリーです。バッテリー容量は14.08kwhであり、一般的な家庭用蓄電池の約2倍です。これは、最新のリチウムイオン電池を高密度に収納することで実現しています。このバッテリーなら、自分で作った電気をたくさん貯めることができます。また、電気が安い時間帯に外部から電気を買っておくこともできます。これにより、電気が高い時間帯や停電時にも自由に電気を使うことができます。さらに、蓄電池アイビス7は長寿命でありながら、家の中に設置できるコンパクトさと静音性を兼ね備えています。これは、冷却ファンや液冷システムを省いて空冷システムにしたからです。これなら、どんな家庭でも快適に使えますね。

マキシオンソーラーと蓄電池アイビス7は連携することでさらに効率的に動作します。これは、専用の制御装置が両者の発電量や消費量を最適化して調整するからです。例えば、発電量が多く消費量が少ない時は、バッテリーに電気を貯めます。逆に、発電量が少なく消費量が多い時は、バッテリーから電気を使います。また、外部からの電力供給も考慮して最もコストパフォーマンスの高い方法を選択します。これらの制御はすべて自動的に行われますので、手間もかかりません。さらに、スマホやパソコンからも制御装置にアクセスできますので、自分の発電状況や消費状況を確認したり、設定を変更したりすることができます。これは最新のテクノロジーを駆使したシステムですね。

このように、マキシオンソーラー(6.0kw)と蓄電池アイビス7(14.08kwh)は太陽光発電の良さを最大限に生かせるすばらしいシステムです。環境にもお財布にも優しいこのシステムをぜひご検討ください。


最新カタログPDF


動画:モリシタ・アット・ホーム

NEW

  • 金利と建築費の関係

    query_builder 2024/03/03
  • 夢を叶える住宅ローン

    query_builder 2024/03/02
  • 「NE-ST」で快適な家づくり

    query_builder 2024/03/02
  • 縁側のある暮らし

    query_builder 2024/03/01
  • 木の深い世界

    query_builder 2024/02/29

CATEGORY

ARCHIVE