新聞紙から断熱材?

query_builder 2023/11/29
お知らせ
harshjasejgas;ljeg

冬になると、家の中が寒くて暖房をつけたくなりますよね。でも、暖房をつけると電気代が高くなったり、乾燥したり、カビが生えたりすることもあります。そんな悩みを解決してくれるのが、セルロースファイバー断熱工法です。この工法は、新聞紙を再利用して作ったふわふわの素材を、壁や屋根の隙間にぎっしり詰める方法です。この素材は、熱を逃がさないだけでなく、水分を調整したり、虫や火から守ったりするすごい力があります。この工法を使えば、家の中がぽかぽかで快適になりますし、電気代も節約できます。しかも、新聞紙を再利用するので、地球にも優しいです。セルロースファイバー断熱工法は、冬の寒さに負けない、あたたかくて安心な住まいを作ってくれる工法なのです。


動画:株式会社デコス


セルロースファイバー断熱工法のメリットを簡単に説明すると、以下のようになります。

冬は暖かく、夏は涼しい:セルロースファイバーは、空気の粒がたくさん入っているので、熱を通しにくいです。そのため、外の気温に影響されにくく、室内の温度を快適に保つことができます。また、細かいところにもしっかり詰めることができるので、熱が逃げるのを防ぎます。

じめじめしない:セルロースファイバーは、木と同じように、水分を吸ったり出したりすることができます。そのため、室内の湿度を適切に調整し、カビやダニなどの原因になることを防ぎます。また、体に悪いものは入っていないので、空気がきれいです。

環境にやさしい:セルロースファイバーは、新聞紙が主な材料です。新聞紙は、木を再利用したものと考えることができます。新聞紙を捨てると、地球温暖化の原因になるガスが出ますが、セルロースファイバーにすることで、そのガスの出る量を減らすことができます。セルロースファイバーを作るときにも、エネルギーやゴミがあまり出ないので、環境に優しいです。

害虫や火事に強い:セルロースファイバーには、ホウ酸というものが入っています。ホウ酸は、自然にあるもので、体に悪くないです。ホウ酸は、カビやシロアリなどの害虫に毒になり、家が傷むのを防ぎます。また、ホウ酸は、火にあたると黒くなるだけで燃えないので、火事になりにくいです。黒くなったところは、火が広がらないようにする役割もします。火事になっても、体に悪いガスは出ません。

音が響かない:セルロースファイバーは、壁や屋根の中にぎっしり詰まっています。そのため、外からの音や振動を吸収し、音が響くのを防ぎます。カラオケや映画などの音が大きいものを楽しむときにも、周りに迷惑をかけないです。


セルロースファイバー断熱工法は、高い断熱性能や吸放湿性能を持ち、環境にも配慮した工法です。この工法を採用することで、快適で省エネルギーな住まいを実現することができます。セルロースファイバー断熱工法に興味のある方は、ぜひ詳しく調べてみてください。


関連サイト:株式会社デコス

NEW

  • 子ども部屋の変遷

    query_builder 2024/03/04
  • 金利と建築費の関係

    query_builder 2024/03/03
  • 夢を叶える住宅ローン

    query_builder 2024/03/02
  • 「NE-ST」で快適な家づくり

    query_builder 2024/03/02
  • 縁側のある暮らし

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE