火のある生活

query_builder 2022/08/05
価値観
火のある生活

お子様が、調理のお手伝いができるようになってきたら、ガスで調理するのがよいのではと考えます。理由として、料理のバリエーションとその味は〝幼少期の感性の発達に重要〟であり、火の大きさで火力が決まるアナログ感覚が身につく。火は時には危なく、時には楽しい。人間生活の〝あたりまえ〟の部分を、火のある生活で体感させてあげたい。

過去に石油ストーブが無性に欲しくなったのも同じ理由。単なる危ないということで、切り捨ててしまうのは生活知識の脆弱につながると考えます。近ごろはガラストップのガスコンロも出てきて、掃除しやすさではIHに負けてはいない。特に火力と経済性の高い<ダブルワイド火力バーナー>はすごく良いです。ぜんぶにセンサーつきで安全性も極めて高い。

それでは、経済的な面ではどうなのか。家全体の設備計画では2つの選択が考えられる。調理がガス。暖房・給湯を電気式のセミ電化住宅。これは、通常のオール電化に比べれば、初期の引きこみ工事分は増えるが〝ランニングコストはほぼ一緒〟になります。利便性とおいしい生活のコンビネーション。ザックリまとめると。本格調理派・子育て重視派はガスのある生活。子育て卒業派・バリバリ共稼ぎ派は電化住宅。確かに高齢者だけの世帯だと〝IH〟といわれると、その通りのようにも思えます。

NEW

  • 古き良き家

    query_builder 2022/12/08
  • 健康省エネ住宅の価格

    query_builder 2022/12/07
  • 床座が落ち着く

    query_builder 2022/12/07
  • ランドスケープ

    query_builder 2022/12/06
  • 景観法

    query_builder 2022/12/05

CATEGORY

ARCHIVE