トイレを近くに

query_builder 2022/09/01
水まわり
トイレを近くに

年をとると頻繁にトイレに行くようになります。寒い季節のトイレは危険がいっぱい。暖かい部屋や寝具から寒い場所に行くことは〝血圧の高い人〟にはよくありません。トイレ暖房を設置すればよいと思われますが、トイレへ行くまでの廊下が寒ければ意味がありません。高齢者の寝室に専用のトイレを設けることができれば問題ありませんが、家の広さや費用で難しい面があります。家族が就寝した夜間だけ、高齢者専用トイレになる事例をご紹介します。

入口が二つあるトイレ(高齢のお母さんの骨折をきっかけに二世帯住宅に建て替えた例)部屋の中でも杖が必要なため、寝室の隣に広めのトイレ設けました。ホール側からは家族で利用し、寝室からは高齢のご両親が利用します。人を感知するセンサーライトでトイレの利用が分かり、中で家族がカチ合うことはありません。夜間は引き戸を少しだけ開けて、寝室との温度差を無くしています。

短い廊下で接するトイレ(夜間は高齢者の専用トイレとなるよう短い廊下で寝室に接する例)昼間、家族はホール側から利用し、夜間はホール側の引き戸を閉め、寝室側の引き戸とトイレの扉を少し開けておき温度差を無くします。寝室の床暖房でトイレも暖かくなっています。すぐ隣に設置した洗面・脱衣室も入口は二カ所、寝室から直接 浴室を利用できるようにします。家族が多くても、高齢者とは生活時間帯が違うので、使い分けができます。

近畿大学【岩前篤教授】の研究結果である「海外事例と断熱リフォーム」について動画ご視聴ください。危険を回避する意味でもとても参考になります。


動画:日本ERI

NEW

  • コールドドラフト

    query_builder 2023/01/28
  • 高度なプラン計画

    query_builder 2023/01/27
  • 手の届く範囲

    query_builder 2023/01/26
  • ウッドデッキ

    query_builder 2023/01/25
  • 業者選び

    query_builder 2023/01/24

CATEGORY

ARCHIVE